病院に生花でお見舞いOK!?。外気に触れないバッグで生花を愛でる

入院している患者へのお見舞いに生花を持参。定番で、一昔前まではよくテレビドラマでも見たようなシーンですが、近年は生花の持ち込みを禁止としている医療機関が多くなっています。

理由は生花や花瓶の水などに存在する 菌(緑膿菌など)が原因で、抵抗力がよわった入院患者へ感染する恐れがあるためです。

それでも生花を届けたい!と思ったらこんなアイテムはいかがでしょうか。

 

フラルーン イメージ

「病院への生花の持込みを可能にする"フラルーン"」
フラルーンは、生花を外気に触れさせることなく、花瓶に挿したお花と同じ期間、楽しむことができます。水の入れ替えなどの管理も不要。枯れたら、そのまま捨てられます。お花は、フレネットHIBIYAのお任せ花。四季のお花をバッグに包んでお届け。
フラルーン5個セット 送料込 3750円(税別)

詳しくは発売元サイトをご参照くだい。
株式会社メディカルラボパートナーズ
http://www.medlabpart.com/hana-business